2014年9月29日月曜日

9月28日の授業資料です

1 今日学習するところ

テキスト(アイヌの知恵 ウパシクマ) 34〜36ページ
34ページ
ihuraye hi ta
イフライェ ヒ タ

ontaro or una ka wakka ka omare wa
オンタロ  オ ウナ  カ ワッカ   カ  オマレ ワ

una ratcire okake ta
ウナ   ラッチレ  オカケ  タ

ecikiki wa ani ihuraye
エチキキ     ワ   アニ イフライェ

35ページ
ihuraye=an oka ta nupki anakne
イフライェアン     オカ  タ  ヌキ    アナ

iteki pet or un kuta
イテキ      ペトルン       クタ

sekor kukor huci hawean
セコ     クコ    フチ   ハウェアン

36ページ
nupki anakne
ネプキ    アナクネ

euutunne uske ta
エウトンネ   ウケ タ

a=kuta yak parka sekor haewan
 アクタ    ヤク  ピリカ   セコロ ハウェアン


2 単語とその周辺
ihuraye (自動)洗濯をする

una(名)灰
 シャンプーがなかった頃、木灰を水に入れ、その上澄みを採って洗剤として使った。これはアイヌ民族に限ったことではなく、石けんが思うように手に入らなかった時代の日本に限らず、公汎な民族がつかっていた。

ratcire(他動)〜静かにする
 沈殿させるために灰を入れた水を静かに置いておく
 ratci(自動)=穏やか・何事もないと言う意味でreが付いて他動詞となる

okake(位置名詞・所有形)〜の後ろ
 後ろと言う意味だが、所有形になり何かの後ろと言う意味になる。位置名詞なので「タ」や「ウン」が付く時に「オ」を必要としない

ecikiki(他動)傾けて(水分)をこぼす
 ただ地面などにこぼすのではなく、上澄みを他の容器に移すことを言う
 地面に水などを捨て容器をカラにする クタ(後述) 
          固形物(ゴミなど)を捨てる オスラ

an(人称接辞)
 その1 4人称で、自動詞の場合その後ろに付く
    ①(話し相手を含めた)私たちが われわれが 
    ②(女性から男性へ)あなたが  
    ③(一般的に)人が テキストはこれ
 その2 いる(存在する) ある 暮らす (複数 オカイ
 その3 夜
 
oka(位名)後ろ (オカケタの概念形〜原型)
 説明は前述

nupki(名)汚れた水
 登別は ヌプルペツ 汚れた川・・硫黄温泉によって濁った川の意)

iteki(副)けっして◯◯するな。してはいけない

kuta(他動)地面などに水を投げ捨てること

sekor(接/副)「◯◯」と 誰かが言ったことを指して

hawean(自動)言う。言いました。

eutunne(自動)下座に向く
 日本文化と同じように上座、下座と言う区別の仕方は日常生活に置いても大切にされました。日本文化と違うのは屋内だけでなく、家の周囲でもその区別があります。トイレ(屋外が通常)は当然下手にありました。
 チセの神窓(rorun puyar)のある方が上手で、神窓は 静内以西では東側に、以東では西側に設置しました。ちなみに神窓の反対側に玄関、物置が作られていました。
 例外として、静内より東にある千歳の神窓は西ではく,東側(千歳川の川下の方向)に付けられました。千歳の西には支笏湖があり,樽前や恵庭岳のような高い山があります。魂が昇天する場所としては最適なのですがそちらに向かってカムイノミをする事はありません。
 一説には,先祖が千歳に移り住む前の土地に深い関わりがあるのではないかと言われています。
 現在、アシリチェップノミの時の祭壇の方角を思い出してください。川下を向いているでしょう。

uske(形式名詞)
 〜する所。


0 件のコメント:

コメントを投稿