2014年3月30日日曜日

アクセントのお話

「橋の端を箸を持って渡る」
 何語を問わず、アクセントは大事です。通常アクセントの位置は、「,」で表されますが、この文章(以下も同じ)では赤字で表記します。なぜなら文字のすぐ上にカンマを打つ方法がわからないからです(威張って言うことではありませんね)後日わかったらちゃんと書きます。


ルウン
 着物の模様の一つで、千歳の着物にはよく使われたものである。テープ状の布を縫い付けて作る。曲がり角やテープの両端には刺がある。これはアイェといい魔物を寄せ付けないまじないとされている。
 ル=道を模したものと言われている。




アクセントは高低
 アイヌ語は日本語と同じくアクセントは高低です。単語の中でどの音節を高く発音するかが問題です。

*基本その1
 きわめて乱暴な言い方をします。アイヌ語のアクセントは、2番目の音節にあると覚えましょう
例 カイ〜kamui=神様  セタ〜seta=いぬ

*基本その2
 単語の中で1番目の音節が閉音節の場合は,アクセントは単語の頭にきます

原則的な例 
 チェコイキ〜cepkoyki =魚とり  (cepで一つの音節)
  クンネ〜 sirkunne=夜(sirで一つの音節) 

ちょっと難しい例
 アイヌ aynu
 ここで注意しなくてはならないのは ainu ではなくaynuと表記することです。 a iaiも共に開音節です。ですからアクセントは2音節めになりますが、ayは一つの音節としてとらえます。音節の最後が子音で終わるので閉音節です。だからアクセントは第一音節になります。
 イをyで表記するのはアクセントの位置わかるようにするためです。
 何人かの人から聞いたり本を読んだりしましたが、発音には「i」も「y」も変わりはないそうです。ですからアイヌの人たちがどのように話していたか(どこにアクセントをおいて話していたか)を聞き分けてこのように表記するようにしたのです。
 yayrayke~自殺する  yaiyayke~感謝するというぐらい意味が全く違ってしまうものもあります。

 ontaro(オンタロ)=樽の「on」もO+Nで一つの音節です。だからアクセントは語頭にきます。
 
 これまで幾人かの言語学者が膨大な聞き取り調査の結果、アクセントを聞き分け、辞典などにまとめています。「イ」や「ン」が出てきたらちょっと注意しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、 イマンテをローマ字表記する場合どちらが正しいでしょう   yomannte      iomannte   
ヒント イマンテのアクセントは第2音節にあることで判断しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その3 例外の2
 全くの例外はどの国の言葉にもつきものです。英語の動詞がすべて規則動詞だったらどれほど楽だったでしょうね。
 同じようにアイヌ語にもアクセントの位置が例外なものがあります。テキストでは16ページに28個並んでいます。
 これ以外にはそれほど多くはありません。
セイ(usey)=お湯 ニ(kani)=私 サム(sisam)=和人 ラ(kera)=味、等のように良く出てくる単語がありますから暗記につとめましょう。

 またテキストでは,すべての単語にアクセントの位置を記してあります。ないのは特にアクセントがない単語、ハウェやフミのように平坦な発音をするものです。
 また、この基礎になっている中川祐氏の編纂による「千歳アイヌ語辞典」では例外のものにだけアクセント記号がついています。後のものはローマ字表記をよく見て判断してください。

 質問の答え
 イオマンテは、アクセントが「オ」にありますから第1音節は開音説出んくてはなりません。ですから答えは
iomannteです。



マタンプシ
頭に巻くバンダナのようなもの
昔は刺繍をしていないのが女性用でこのように刺繍を施してあるものは男性用だった。
これを作り意中の男性に贈り、それを身につけてくれると求愛が通じたという意思の現れだったと言う。
返礼として男性は、メノコマキリ(女性用の小刀)を彫りプレゼントした。

2014年3月24日月曜日

感動的だった終業式

3月23日は、わが千歳アイヌ語教室の2014年度終業式がありました。
わが教室の教育課程では卒業という言葉はありませんから、いつまでたっても在校生です。

そんな訳で、会場は伝統的というかいつものというか、中村勝信さん推薦の「ゆりの木」で行いました。

何が感動的だったかというと、
*9人も参加者がいたこと。
*これが最高の感動。2次会も同じ「ゆりの木」で、結局同じ店で7時間も粘ってしまいました・・・・。

またやりましょうということでお開きとなりました。皆さん1年間ご苦労様でした。また4月からよろしくお願いいたしっます。

では、23日に皆さんで確認した13年度反省と14年度予定等について、ここに乗せますので間違いがないか点検してください。


14年度アイヌ語教室の計画

1 13年度確認すること
 *新しい人もたくさん入ってきた。皆さんとても熱心で理解が早い
 *毎月、第2・第4日曜日、ミナクールで というパターンが定着した
 *みんなで協力し合って進めて行く体制が出来つつある
 *千歳アイヌ文化伝承保存会の一組織として活動するという原則も定着し 
 た
*財政的にも、ひと家族一回500円ということでやって行ける見通しが出 
 来た
 こんなことをみんなで確認し合いたいと思います。

2 14年度もこのことは原則として継続して行ってはどうでしょうか 

3 これまでの流れで、一応エクスプレスアイヌ語を脇に置いて、「アイヌ
  の知恵 ウパシクマ」を教材として進める

4 A・B二つのコースに分けないで、先に入った人は後から入ってきた人と
  ともに援助しながら一緒に進んで行く

5 もちろん、新入者にたいし最初の一時間は、読み方程度は指導する

6 全体の学習計画や、調整等をコントロールする進行係,文法指導、謡の
  指導などはおくが、適宜前に立って説明したり、調べてきたことを発表  
  する等、みんなで研究しみんなで理解を深めるような教室にして行った
  らどうでしょう

7 それらをふまえた上で
 教室運営体制
 *文部大臣 支部長
 *理事長さま  伝承保存会会長 石部さん
 *校長先生   中村勝信さん
 *学習計画調整係  平井
 *会計  中村さんにやっていただいているが集金は誰かやった方が良い
      のでは
 *指導者体制 
   授業全体    平井
   文法・発音等基本的事項の指導主任  山田さん
   ウポポ・カムイユカラ等主任  良子さん
   替え歌指導    渡辺日朗さん

8 行事予定
行事名 予定月・日 内容 活動場所
始業式 4月13日 お勉強を始めます
理事長挨拶
ミナクール
野外観察 5月日25日 山菜を訪ねて
食べられる植物を観察する
蘭越方面

7月13日 コタンの口笛上映会
古式舞踊・講演
文化センター
夏の遠足 7月20日 支笏湖周辺で
周辺のアイヌ語地名、伝説等を学ぶ
「大和」など
アシリチエプノミ参加 9月7日 蘭越長沼用水頭首口

アシリチエプノミ参加 9月14or19日 インディアン水車

半年を振り返って 9月21日 計画の中途修正 ゆりの木
作品展示会協力 多分10月か11月 支部の手伝い 多分 文化センター
ゆく年を惜しんで

アシリパノミ
12月21日

1月第2日曜日の予定

特に目的はない ゆりの木
アイヌ文化発表会 2月15日 一年の学習成果を発表 生活館
終業式 3月22日 一年の反省と来年度の豊富 ゆりの木


北大クラーク会館で行われる イタカンローを見学にいきましょう。日程がわかり次第連絡します。

これまで投稿した内容に一部誤りがありましたので訂正してあります。

3月19日
  eku~とあるのはekの間違いです。

次回は4月13日です。 新しいテキストになります。

新しいテキストは、ウパクマです。
中村校長先生がコピーしてくれますが、アマゾンというインターネットの本屋さんでも買うことが出来るようです。強い人は挑戦してみましょう。

テキストの名前
 アイヌの知恵 ウパシクマ 1と2があります
  著者     中本ムツ子
  Author   片山龍峯
  発行所  片山言語文化研究所
  発売元  新日本 教育図書株式会社
      0832−49−1151


2014年3月20日木曜日

音節と発音 その2 閉音節

閉音節の発音は難しい
・・・・・・・・・・・・・
 asi (立つ)とas(話し相手を含まない私たち)は、カタカナで書くと asi=アシ   as=ア となります。 前者のシは開音節で、後者の「」は閉音節です。
 特に、日本語を母語として育っている私たちには、閉音節はなじみが薄く発音が難しく感じます。でも、アイヌ語には結構これが頻繁にでてきますので、CD等をたくさん聞いて発音できるよう練習しましょう。
 また、大切なことは、どのように表記してあるとき閉音節なのかを読み取ることです。

 カタカナでは小さな文字で表記してあるので間違えないでください。ただし例外として ン(n)   イ(y) ウ(w)は 小文字を使っていません。発音も開音節の ン イ ウ とほとんど同じです。

 ローマ字では音節の最後が p    t    k    s   m   r   または n   y   w   で表記されています。
 前述したように、n   y   w は開音節と同じように発音します。なぜ書き分けるかはアクセントの項で説明します。

*p   t   k  は詰まるように発音します。「内破音」と言います。ともにカタカナでは「」とかきますが発音が微妙に違います。

山を下りる=sap  乾く=sat  夏=sak はどれもサッのように聞こえますが sapさっぱり  sat=さっと sak=サッカー のそれぞれ下部線のところまでを発音して止めてしまうとこれらの音を出すことが出来ます。

 蛇足ですが、Pは両唇を閉じる、Tは舌の先を上の歯の内側の付け根につける、Kは舌の付け根を上顎につけるようにするといいでしょう。

 ただし 同じ子音が連続している場合は、hoppa=ホッパ  yakka=ヤッカ  assap=アッサプ のようにツを用います。
(研究者によってはヤカ ホパのように表記する人もいます。他の文献を見るときはご注意下さい)

sは シと発音しますが、はっきりシというのではなく、シというつもりで口の中でいう。
si   とはっきり言ってはいけないということを意識して発音してください。

mは ムという音を口を開かずに言うと覚えてください。ただし1語の中で後ろにパ行 マ行が続く場合はムではなくンと発音します。

rは その前にある母音によって発音が変化します。
 ア~ar  イ=ir  ウ=ur  エ=er  オor
となります。いずれも ラではなく「」、リではなく「」ですのでご注意を。


 いかがですか? これで、ローマ字だろうがカタカナだろうが、アイヌ語で書かれた文章を黙読することが出来るようになりましたね。
 たくさん読んで、まずはアイヌ語になれましょう。単語によって発音がまちまちな英語や,音読みや訓読みで悩む漢字まじりの日本語とは違います。カタカナを読めれば、どなたでもまずは読みこなすことが出来るのです。


2014年3月19日水曜日

音節と発音 その1 開音節

 この項は、エクスプレスアイヌ語(中川祐・中本むつ子著 白水社)を少し詳しく解説したものです。以下、このブログで解説していることは,特に断りがない場合はすべてこのテキストによるものです。途中テキストのページがでてきますが,特に断りがない場合は「エクスプレスアイヌ語」のことです。
 
1 音節
 前項でも述べましたが、言葉=単語はすべて「音節」によって構成されています。
 音節には 開音節と閉音節とがあります。
*開音節とは子音と母音、または母音のみで出来ている音節 のことです。たとえば
 き=k+i     は=h+a  また あ=a      う=u などが開音 節です。

*閉音節とは、子音+母音+子音から出来ている音節です
 日本語では「ン」以外にはありません。
 別な説明の仕方をすれば、開音節+子音とも言えます。

  upas(雪)  itak(話す) などの語尾の音節は子音で終わっ
 ています。このpastakが閉音節です。
takne(長い)    arpa(行く)などの下線部分の音節は子音だ けです。このように単語の途中にでてきても同じです。
cepkoiki(漁をする) kampi(紙)語頭の3文字を一つ
 の音節として扱う 子音+母音+子音。これも閉音節。
aynu(人間)      aykap(出来ない)などの ayは一見a+y ともとれますが、一つの音節でアイと読みます。これも閉 音節です。
 もちろんaiと 書く場合もあります。その違いはアクセン トの項で説明します。

 このように特に閉音節が少し複雑です。でも4つの場合を見ると、どの場合も音節の最後が子音で終わっていることに気づかれるでしょう。

2 発音
(1)開音節
 開音節の発音は基本的に日本語と同じです。違うところ、注意した方が良いところは次の通りです。

*ア行〜イは iと書いてもyと書いてもイと発音します
    ウ段は少し口を尖らせて発音します。お段とどちら    か聞き取りにくい場合もあります。
*カ行〜子音は日本語と同じですが、ガ行戸の区別はありま    せん。
*サ行〜子音は日本語のサ行と同じですが、人によっては     シャ、シュ、ショと聞こえることもあります。
*タ行〜日本語とほぼ同じですがダ行との区別はありませ     ん。また、ツという発音はありません。ツではなく    英語のtwo  todayのとほぼ同じで、カタカナではトウ      とウを小さく書きます。 
    また、チはtiではなくciと書きます。発音は同じで    す
*ナ行・ハ行・マ行・ラ行〜日本語と同じ
*パ行〜日本語と同じですが パ行とバ行の違いはありませ    ん
*ヤ行〜ヤ・ユ・ヨは同じですが ye=イェは日本語にはありません。イとエをくっつけて一つの音節として発音しましょう。
*ワ行〜ワは日本語と同じですがwe=ウェ wo=ウは日    本語にはありません。一つの音節として発音しまし    ょう。

 


 

2014年3月15日土曜日

アイヌ語の表記について

 アイヌ民族は、文字を持たない民族でした。世界で文字を持たない民族はアイヌだけではありません。和人(この呼び方についても異論がかなりあるのですが、その説明は後日に譲るとして、当分の間「和人」という言葉を使わせてもらいます)も、支配階級が国を治めるために必要に迫られ、朝鮮や中国と交流する中で漢字を取り入れ公文書は漢文を使っていました。やがてカタカナやひらがなを作り出し、日本語をそのまま文字を使って記録することが出来るようになったのです。それも 大多数の人たちが文字を使うようになったのは明治以降、学校制度が確立してからのことです。アイヌだけが取り立てて文字を持っていなかったという訳ではありません。 

 アイヌ語の表記方法についてはいろいろな学者が考えて新しい文字を作るなど工夫を重ねていますが、この教室では、長年千歳方言の研究をされ、千歳地方のアイヌ語辞典まで編纂された、千葉大学の中川祐先生が使っている、カタカナとローマ字を使った表記法で学ぶことにします。これは北海道ウタリ協会(現アイヌ協会)でもこの方法に統一していますので何かと都合がいいということも付け加えておきます。
 しかし「ト」に小さな◯をつけて英語の「two」(2)のように発音させる表記法もかなりの人が使っていますので、さらにアイヌ語を勉強しようと志す人は別のテキストを使って勉強してください。


*発音の記号としてカタカナを使います。日本語にない発音 を表記するために考えだされた特別な表記をのぞき、50 音表で表される発音とカタカナはほぼ同じ発音です。
*アイヌ語の単語はローマ字で表記します。また、文法など を学ぶ時にローマ字表記は便利です。

 というと何を言っているのかわからなくなりますが、例えば英語で an apple  と書いてアナップルと読めと習った中学生時代を思い出してください。
 ku(私) ek(行く)と書いて ケクと発音します。
(ku- ek) 特に千歳方言では頻繁にこれが起こります。
 これを一つ一つ辞典に書いていたのではなんページあっても足りません。
 テキストなどでは、まずカタカナでどのように発音するのかが表記されています。
 その下に、それはどのような単語によって構成されているのかがローマ字によって表記されています。
 日本語訳が書かれている場合は、一つの文が3行にわたって表記されているので煩わしく思われるかもしれません。
 でも、なれてくるとそれがありがたく思えるから不思議です。

 単語では日本語とアイヌ語の大きな違いは、日本語の場合単語の構成単位である音節(花子という単語は、「は」+「な」+「こ」という3つに分けることが出来ます。これを「音節」と言います)のほとんどは、母音のみ、または母音(a.i.u.e.o)と子音(k.s.t.n.h.m.y.r.w.pなどのこと)が組み合わさって出来ていて、ンと発音する「n」を除いてはすべて音節の終わりは母音になっています。

 しかし、アイヌ語を含め外国語の音節は、子音+母音+子音というものが多く、カタカナだけでは表記できない場合があります。(英語で言えば stop, cap, dog) そのため、カタカナ表示も日本語表記とは違う工夫を必要とします。

 食べ物 aep  という単語を音節に分けると a+e+p   母音+母音+子音となり、最後のPはカタカナでどうも表記しにくいのです。そこで、これを小さな文字で書くこととしました。Pはプではなく「」   aep=アエと表記します。

ローマ字は、ヘボン式ではなく日本式で表記します。
chi =ち  chyu =ちゅ は使いませ ん。


その他でも違う物がありますので注意が必要です

ア行=a  i  (yで表す場合がある) u(wで表す場合がある)     e  o
カ行=ka  ki  ku  ke  ko
サ行=sa  si  su  se  so
タ行=ta  ci  tu (ツとは発音しません) te  to
ナ行=na  ni  nu  ne  no
ハ行=ha  hi  hu  he  ho
マ行=ma  mi  mu  me  mo 
ヤ行=ya   y(イと発音します)yu   ye(と発音します yo
ラ行=ra  ri  ru  re  ro 
ワ行=wa  we(と発音します)wo(と発音します
パ行=pa  pi  pu  pe  po
チャ行= ca (チャ)   cu(チュ)   ce(チェ) co(チョ)
ン=n
ガ行 バ行 ダ行のような濁音はありません
キャ キュ キョ 
シャ シュ ショ 
ミャ ミュ ミョ
リャ リュ リョ
ピャ ピュ ピョ も、ありません。


その他ここにない表記,例外がでてきた時はその都度説明します。

         テクンペ tekunp  手甲 手の甲をカバーする装飾品
 主に男性が、踊り、冬山に行く時などに使用した(手袋ではない)
これも、頭に巻くマタンプシと同様、娘さんが心を寄せる男性にプレゼントしたと言われています。もらった男性がこれを身につけるということは「私も愛しているよ」という意味を表したと言います。だから、こんなに手の込んだ刺繍を施してあるのでしょう。
  


 
 

 

2014年3月13日木曜日

初めてアイヌ語に触れる人のために 3・13

アイヌ語の方言

 アイヌ語も方言があります。でも日本語のように他国者と判別するために意図的に作られたものとは違い、交通の不便さから自然に生まれたものです。
 したがって、熊本弁と津軽弁のような違いはありません。10年ほど前に青森のドライブインに入り、食事をしたときとなりのテーブルでお酒を飲んでいた二人の会話はほぼ理解できあせんでした。後に「伊奈かっぺい」の漫談を聞いてなるほどなあと納得したものです。
 しかしアイヌ語では、ある学者の研究によればその違いは80%以内だろうと言われています。
 そして、千歳という地方は、はアイヌ文化(いつか説明します)全盛期には全道的にも大きな集落を形成し、北海道の文化的、経済的中心であったとさえ言われています。
 したがって、アイヌ語千歳方言は数ある方言の中では「標準語」に近いほど当時の多くのアイヌの人たちによって語られていた言葉なのです。
 千歳方言と言われるアイヌ語は大きく沙流地方の方言としてもくくられ、西地方の方言とも言われています。
 それ以外に釧路地方や、日高、十勝地方の方言などもあります。これからアイヌ語の勉強を進めていくとその違いがわかると思います。
 でもここは千歳ですから、千歳方言を主として学んでいきましょう。
 何と言っても千歳は北海道の首都だったのですから・・・・。

 


ようやく準備完了

 アイヌ語教室のブログが出来ました。

 このブログで、アイヌ語教室の連絡や、その他アイヌ語の基礎知識などを発信し、後から参加した人へのサービスを行いたいと思います。
 ご質問やご意見は、メールにてお願いします。また、このブログは今のところ一般に公開されていますので、個人情報が漏れないよう、参加者の個人名は載せないようにします。 必要な時はイニシャルなどでご本人には判明できるようにします。
 個人に伝えたいことがある時は、当たり前ですが通常はメールを使います。


お知らせ

 3月23日の予定
1時間目 話し合いの時間
 議題 今年度の反省
    4月からの勉強をどうやって進めるか
      原案は用意したいと思います
2時間目 2014年度修了式と懇親会
    中村さんが場所を用意してくれますので従ってくだ
    さい(経費は割り勘を原則とする・・・)
  
 アイヌ文化祭の反省
 2月23日に皆さんから来年に向けてなどの意見を出してもらいました。
 皆さん謙虚に自分の出し物の練習不足などを述べられましたが、肩のこらない、観客と一体になった楽しい内容になったのではないかという結論でした。
 また、参加者の多くはこれまでになく全く新しい人で、アイヌ文化に対する市民の関心の広がりを感ずることが出来ました。
 来年はもっと練習して質の高いものを目指そうという前向きの決意で締めくくりました。
 料理はお金をもらっても良いのではないかという意見のありましたし。刺繍教室の皆さんの作品展示と一緒に出来たのは良かったという意見が大半でした。
 今度は木彫りもやりたいので教室を開いてほしいという要望もあり、中村勝信さんが支部と相談してくれることになりました。